アレルギー性結膜炎 その1

アレルギー性結膜炎の患者さんは今や全国で2000万人と推定されており、その大半は、花粉(アレルゲン)が原因のアレルギー性結膜炎(季節性アレルギー性結膜炎)であるといわれています。
とりわけ春先に飛ぶスギ花粉によるアレルギー性結膜炎は毎年非常に多くの人が発症します。

アレルギー性結膜炎

早期に完全に治すことは難しく、日常生活に大きな支障をきたします。
しかし、花粉を回避しながら薬剤を上手に用いて治療を行えば、症状をコントロールすることができます。

季節性アレルギー結膜炎とはどんな病気?

花粉(アレルゲン)が主な原因で起こる目のアレルギーのことをいいます。

●花粉(アレルゲン)による目のアレルギー
花粉が目の粘膜に接触することでアレルギー症状が現れ、毎年、樹木や草花の花粉が舞う季節に繰り返し起こります。
原因となる花粉の種類によって発症する季節が決まっているので、季節性アレルギー性結膜炎といわれます。
季節によってスギ花粉性結膜炎、イネ科・キク科花粉性結膜炎などに分類されます。

どんな症状がでるの?

目のかゆみや、充血、目の腫れなどがでます。

アレルギー性結膜炎の症状で、多くの患者さんを悩まさせるのが目のかゆみです。
目がかゆいことにより、目をこすってしまうと更に症状が悪化し、結膜や角膜を傷つけ、目がゴロゴロしたり、かすんだり、まぶしく感じたり、痛みがでたりします。

その他、涙や目やにが多くでることもあります。
見た目には、充血や目のはれ、まぶたの裏にぶつぶつができることもあります。

どうして起こる?

アレルギー反応によって起こります。
その主役は花粉(アレルゲン)と抗体です。

●免疫とアレルギー
人は外から異物(たとえば細菌やウイルス)が侵入したり、異常な細胞(ガンの原因になる事もある)が」発生したりするときに体の中に抗体を作り、異物や異常細胞を排除する免疫よ言う機能を持っています。
免疫は本来、生体にとってプラスの働きをするはずなのに、時と場合によってはマイナスの働きをして病気を起こし、人を苦しめます。
これがアレルギーです。

●ビタミンなどのメディエ―ターとアレルギー症状
まず、花粉からアレルゲンがでてきて、結膜に侵入します。
そこで肥満細胞という細胞からヒスタミンなどのメディエ―ター(アレルギーを引き起こす物質)が放出されます。
ヒスタミンは結膜表面に存在する神経を刺激して痒みを引き起こし、さらに血管に作用して充血や目のはれを引きおこしたりします。

アレルギー体質の人は普通の人に比べて、ヒスタミンに対して敏感だといわれています。

原因となる植物と花粉の飛散時期は?

花粉は、風によって飛散し、季節性アレルギー結膜炎の原因になります。
代表的植物はスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどです。

●花粉の飛散
季節性アレルギー性結膜炎の原因となる植物は約60種類といわれますが、風によって花粉が運ばれるという共通点があります。
日本羽南北に細長く、土地によって花粉施用の原因植物は異なり、花粉の飛散時期も様々です。
また、同じ植物でも北と南の地方では飛散時期が異なります。

●代表的な原因植物
原因植物は大きく樹木と草花にわけられます。
原因として最も多いのがスギによるアレルギー結膜炎です。
スギ花粉は日本列島の南方で2月上旬から飛散しはじめ、気温の上昇にともなって次第に北上して4月の中旬まで続きます。

 

健康や美容に良い方法として、サプリメントや化粧品に頼るだけでなく、
自分が好きなことをするというも健康や美容にいいんです。

好きなことというと、やはり趣味を持つといいですね。
最近はジャズなどでよく見かけるサックスを習う人がふえているそうです。
アルトサックスは誰でも簡単に音を出すことができるので人気のようです。

でも独学では無理ですからサックス教本が必要になります。
教室に通うのも費用がかかるし、このサックス教本が人気のようです。