クリスマスケーキが苦手な理由があります。

毎年11月末頃になると、至る所でクリスマスケーキの販売や予約が始まります。

私は、その時期になると何とも憂鬱な気分になるのです。

自分が12月生まれな事もあり、毎年クリスマスと誕生日は、セットでお祝いされていました。

私の誕生日なのに、ケーキは毎回メリークリスマスと書いてあるのです。

兄弟は、イベントと一緒に誕生日を祝われる事がないので、きちんとしたバースデーケーキに誕生日プレゼントを貰うのでした。

毎年12月生まれだとゆう自分が嫌いで仕方がありませんでした。

クリスマスケーキもケーキ屋さんのお洒落なケーキならまだ、心も踊ったかも知れません。

でも毎年用意されるケーキは、近所のスーパーなどで売り出される大量生産のケーキのです。

それが不味いと感じた事は、ありません。

ですが、誕生日とクリスマスをセットにされ、プレゼントさえも1個になってしまうのです。

兄弟を横目に、腑に落ちない気持ちでいっぱいでした。

ある年は、母の手作りのクリスマスケーキだった事もありました。

それは、市販のケーキを食べるよりもとても幸せな気持ちになるものでした。

でも毎年は続かず、結局市販のケーキになってしまうのです。

私が学生になり、バイトをし始めるとバイト先のクリスマスケーキになりました。

クリスマスケーキに恨みは、ないはずなのですが、誕生日と一緒に祝い続けてきてしまったせいなのでしょうか?

クリスマスがなければと思う時期もありました。

同じ12月生まれの友人なども、同じ悩みを抱えていたりしました。

そんな友人とは、12月生まれ同士プレゼント交換をした時期もありました。

街中がクリスマスモードになると、みんなワクワク楽しそうな雰囲気をかもし出しているのを見ると、微笑ましくも羨ましく感じます。

幼少期のクリスマスケーキのトラウマなのでしょうか?

私は、クリスマスケーキの予約販売が始まると、今年も来たなっ!!と身構えて気持ちが戦闘態勢になってしまいます。

クリスマスケーキは、毎年どこのケーキも華やかで素敵な物が多いのですが、クリスマスケーキを妬ましく感じるのは、思い出のせいだと思います。

今は、家族揃って誕生日を祝う事も無くなってしまったので、とてもい良い思い出とも言える様になりました。

私は、自分の気持ちの為に、誕生日ケーキとクリスマスケーキは、別にしていますが、毎年クリスマスケーキは、いらなかったなぁーと思ってしまいます。

ケーキには、なんの罪もないのですが、これが私がクリスマスケーキが嫌いな理由でした。

ゴディバ クリスマスケーキ2017