私のお肌の曲がり角は26歳

私は今、29歳です。お肌の曲がり角という言葉はよく耳にしたことはありましたが、実際ニ、三年前から本当に徐々に、肌悩みが増え出しました。

肌悩みで一番気になり出したのは、目尻のシワです。
仕事上、鏡でよく身だしなみチェックはする仕事なのですが、いつも通り午後に向け、メイク直しをしている時でした。

朝の支度の時には家事などもありバタバタとしていた為、気づかなかったのですが、とくに外から入り込む光によって、職場でははっきりと目尻の小じわが見えました。

正直本当に驚いて、今までになかったシワに、ショックを隠しきれませんでした!

それからは、夜のお手入れに目元のケアをプラスするようにとなりました。

化粧水をたっぷりと塗ったあとに、目尻の小じわに効くように、丁寧に目尻用クリームを塗り込みました。

完全に消えてはないですが、なにもしないよりはいいかな、という感じです。

放っておいたら、現状維持どころか小ジワが増えてしまいそうなので、せめて増やさないようにケアしたいなという思いです。

また、それ以上にショックを隠しきれない出来事がありました!

それは、小じわが出だした一年後くらいのことです。

出産を経た私は、老けたくないのでいつも以上にケアを念入りにしました。

そこで鏡を見たところ、今までにはなかった、鼻の上のあたりと頬の上あたりに向かって点点とシミができていたのです。

こんなのあったっけ?!という感じでした。

でもあったら気づくはずだし、何せ、徐々に増えるのではなく、一気にできていたのが衝撃的でした。

二十歳の頃に就職をし、目上のお客様と接する機会が多い為、夏になると、日焼け対策をしっかりしなさいとアドバイスをもらっていました。

シミが出るわよと忠告ももらっていましたが、その頃の若い私には響くことなく、自分事にとらえれず、アドバイスを聞き流しているような感覚をしていました。

もともと面倒臭がりなこともあるし、敏感肌なので、日焼け止めを塗るのが
苦手で、あまりケアはしていない方だったかもしれません。

それに、中学や高校は外の部活をしていたため、夏の強い日差しの中練習をしていたから、紫外線は浴び放題でした!

その時の蓄積されたシミがでてきたのか、それとも就職したあとの紫外線によるシミなのかははっきりわかりませんが、どっちにしろケア不足からくるものだと思います。

できてしまったシミをなくす方が大変なので、若い自分にアドバイスするなら、日焼け対策をきちんとするように伝えたいなという感じです。”