ドライマウス Ⅱ

ドライマウスでも口臭が起こらないことも

ドライマウスになると必ず口臭が起こると思われるかもしれませんが、意外とそうとも言えません。
そもそも口臭が起こる原因とは何でしょうか?

口臭はほぼ100%口の中に原因があると断言されますが、具体的には舌苔(舌の汚れ)と歯垢(歯の表面の汚れ)、歯周病菌(歯と歯茎の間の汚れ)が挙げられます。

このうち最も面積が大きいのは舌です。
つまり口臭の一番の原因は「舌苔」です。

そして、舌苔はザラザラとした舌の表面に付きやすいという特徴があります。
しかし、ドライマウスの舌は粘膜が薄くなってツルツルになります。

「舌の表面がツルツルだと逆に舌苔はつきにくくなります。
むしろ、ドライマウスの人は口臭が起こりにくいと言えます。」

ただし、虫歯や歯周病があり、唾液が少なければ菌が増殖しやすく、口臭のリスクはゼロではありません。

「口臭があるかどうかは自分では気づきにくいものです。親しい人に教えてもらうしかありませんが夫婦間でも言いにくい。
口臭外来は孫に指摘されたという方が多く来院されていますが、若い方ですと他人の口臭が気になって自分もそうではないかと心配してくる方が多いです。」

もともと人間の構造的に自分の臭いは自分では分かりにくいと考えられています。
ドライマウスも口臭も対策は歯科医院でできます。
心配な方は歯科医院にご相談ください。

唾液の働きの例

抗菌作用
唾液に含まれる「ラクトフェリン」などの抗菌物質が虫歯菌や歯周病菌の侵入を妨げ、増殖を防ぎます。

歯の再石灰化作用
食事で口の中は酸性になり歯の表面のミネラルが溶け出されますが、唾液があると元に戻り、虫歯を予防します。

浄化作用
唾液は口の中の細菌や食べかすなどを洗い流してくれ、口臭の予防に役立ちます。

消化作用
唾液に含まれる酵素「アミラーゼ」が食べ物の消化を促進して、吸収しやすくします。

潤滑作用
口腔内の粘膜を潤し、発声や食事をしやすくします。

味覚作用
唾液が食品の成分を溶かして、味を感じやすくします。

唾液がないと虫歯や歯周病、口臭の原因、消化や味覚にも影響!!

ドライマウスは治る!まずは検査で原因を知ろう

歯科医院では患者さんが口が乾いているという訴えがあれば、全てドライマウスと診断されます。
しかし、治療を進めていくには何が原因で乾いているのかを探る必要があります。

そのための検査は大きく分けて次のような項目となります。

問診
放射線治療や既往歴、副作用、糖尿病やうつ病、ストレスなどでドライマウスになるケースが多いため、問診で詳細を確認します。

指針
舌や口蓋の粘膜の乾きや色を調べ、ドライマウスの所見がないかを確認し、状況把握をしていきます。

唾液分泌検査液
唾液の分泌量が低下していないかを確認するため、決められた時間内でどのくらい唾液が分泌できるかの検査を行います。

唾液腺の検査
シェーグレン症候群(涙腺と唾液腺が破壊され、ドライアイやドライマウスを引き起こす自己免疫疾患)かを見極めるため、唾液腺の破壊状況を造影検査や病理組織検査で確認します。

血液検査
シェーグレン症候群や糖尿病など病気の確認のため、血液検査を行うことがあります。

これらの検査希望する方はする方はお近くの歯科医院にご相談ください。
唾液の分泌が低下したことで虫歯などのトラブルが起きていないかも診てもらえます。