ドライマウス Ⅰ

お口のトラブルの原因は「乾き」にあった

歯周病、口臭、虫歯
肌や目と比べて、外から見えないために、軽視されがちなお口の乾燥。
違和感はあっても我慢している、どうしていいかわからないという方も少なくないでしょう。
しかし虫歯や歯周病などお口のトラブルに繋がることも・・・。
適切なケアで症状が改善することを知ってください!

4人に1人が悩んでいるドライマウス

ドライマウスとは単純に言うと「唾液が不十分で口が乾燥している状態」のことです。

口や喉、唇の乾きを感じる、夜間に口が乾いて目が冷めることがある、パンやビスケットなどの乾いた食べ物が飲み込みにくくなる、入れ歯が合わなくなるなどの症状や、状態が続くこ

とで口の中がピリピリし、舌に痛みが生じることもあります。

推定患者数は3000万人とされ、日本人の4人に1人が該当すると言われます。
しかし、ドライアイに比べると認知度が低く、歯科医院で相談・治療が可能なことを知らない方も多いようです。

また唾液が少なく乾燥していると口臭がきつくなったり、虫歯や歯周病になりやすくなるのではないか、加齢や体質のせいだから治らないなど、様々な憶測で捉えられがちそです。

どうして口が乾くの!?
ドライマウスの二大原因
唾液分泌量の低下
唾液腺や唾液分泌を刺激する自律神経のトラブルによって起こる。
・ストレス
・薬の副作用
・噛む力の衰え(加齢・入れ歯が合わない)
・糖尿病
・放射線治療
・シェーグレン症候群(自己免疫疾患)

唾液の蒸発
口からの水分蒸発が多いことで起こる。
・口呼吸(鼻の疾患・歯列によるもの)
・夜間の歯ぎしり、食いしばり、いびき

ストレスを感じやすい人がなりやすい

ドライマウスになると多彩な唾液の働きの恩恵を受けられず、虫歯や歯周病、口臭の原因を作ることになります。

逆に唾液がたっぷり出せる人はお口のトラブルを予防できる健康な人と言えます。

その差はどこにあるのでしょうか。

唾液は自律神経の交感神経と副交感神経によって刺激され、分泌され、唾液腺から分泌されます。
特に副交感神経が優位なときに唾液はたくさん出て、交感神経が優位なときには少量しか出ません。
よく交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキにたとえられます。
食事中、休憩中などのリラックス状態の時は副交感神経が優位に、ストレスを感じるときは交感神経が優位になります。

「緊張した時に口の中がカラカラになった経験はありませんか?ストレスを感じている方は終業後に、学生なら休みの日はドライマウスの症状がないという方も結構います。」

事実、ドライマウスはうつやストレスなどのメンタル面が大きく関わっているそうです。
「真面目で几帳面な人はドライマウスになりやすいです。」
しかも抗うつ薬には唾液の分泌を減らす副作用があるためますますドライマウスのリスクが高まってしまうのです。

足 臭い 病気